プロフィール

にんに

Author:にんに


◎キジトラ白のネネ
推定誕生日06.07.07
07.03.03にお見合いし
07.03.17に私の元に来ました
ネネ

◎キジトラのちぃちゃん
推定誕生日07.11.11
08.07.28にお預かりし
08.11.11にうちの子宣言
ちぃ

Twitter
☆twilog☆
☆猫用アイテム☆

★猫本★
猫にかまけて
猫のあしあと
猫とあほんだら
犬と猫と人間と
猫語の教科書
幸せな猫の育て方
くるねこ
てづくり猫ごはん
ナチュラル派のためのネコに手づくりごはん
かんたん!手づくり猫ごはん
★猫用品★
★猫口ケア ティースブラシ
★ライオンEXワンタフト歯ブラシS
★ビルバック猫用歯磨き:シーフード
★バイオティーンデンタルジェル犬猫
★猫砂 パインウッド
★シェッドバスター
★ラバーブラシ
★キャットタワームーン
★イノーバ全猫用
★カリフォルニアナチュラル 魚&芋
★カリフォルニアナチュラル ベニソン
★カリフォルニアナチュラル フィッシュ
★ソリッドゴールド ツナ缶
★ナチュバラ ツナ&シュリンプ24缶
★ナチュラルバランス サーモン24缶
★消化酵素
★L-メチオニン
★ph試験紙
★除菌・消臭:プリジア400ml

リンク
リスト

最新コメント
最新トラックバック
☆おうちが見つかりました☆
■ホームレスキャットよりお預かり
詳細は→こちら

ひめちゃん♀
お預かり071031-1123
ひめちゃん
みどりちゃん♀
お預かり080131-0517
◎みどりちゃんブログ◎
みどりちゃん
くぉんちゃん♀
お預かり090307-0705
くぉんちゃん
■歌舞伎町の猫よりお預かり
ラッキーくん&マミィちゃん
お預かり090930-1031
ラッキー&マミィ
たっくん(まろさん)♂
保護100920-1107
たっくん
猫のためのお店
●Kitchen Cat●
フードとサプリのお店
(ハーフチャリティショップ)
キッチンキャット
●怪盗またたび団●
猫の手作りバンダナのお店
猫の手作りバンダナのお店:怪盗またたび団
猫の里親募集

SOS里親募集 ホームレスキャット
SOS里親募集 A.P.L KOBE
里親募集 岡山動物愛護会
里親募集 haiji
CATNAP 小さな命を救うネットワーク
東京キャットガーディアン
犬猫ホットライン
犬猫救済の輪
大阪よりちぃちゃん☆里親様募集中
動物を捨てないで!遺棄は犯罪です
how could you どうしてなの?
Pet Shop Puppy エンジェルの願い
NO FUR

カタカナの墓碑-Epitaph in Katakana
動物虐待への対策強化を求める嘆願
いつでも里親募集中
にいがたカレッジキャット:猫の里親様・カンパ募集中

ブックマーク

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
RSSフィード
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬と猫と人間と

休日は猫と一緒にゴロゴロが最優先なのですが
今日は「犬と猫と人間と」を見てきました。
「女性と仕事の未来館ホール」という場所での上映でしたが
エンパワメントとかアサーティブなどのチラシがあって
入った瞬間、なつかしいかほり。。。。。

その昔、フェミニズムやジェンダー関連に首を突っ込んでましたが
まだまだ充分とはいえなくても、10年前、20年前よりは
見直されることも増えました。
私たちの祖母の時代には、女性の選択肢はわずかでした。
それを思えば、(不満もありますが)変わってきたと思います。
動物達の問題も、10年後、20年後に進歩しているためにも
映画をたくさんの人に見てほしいです。

映画館で映画を見るのは実はあまり好きではありません。
(今回の上映ホールは映画館ではないですが…)
だって、思い切り泣いたり鼻かんだりできないし
泣くと目が腫れてお岩さんになるタイプなのでイヤなのよぅ。。。
(妖怪みたいな顔で歩いてると、すれ違いざまにギョッとされます)

この映画を企画された方は、
完成を待たずに亡くなってしまったそうでとても残念ですが
今、このタイミングで完成したのは意味がある気がします。

ドキュメンタリー映画なので、厳しい現実も写っていますが、
決して辛くて耐えられないような内容ではないと思います。
第一線で努力しているボランティアさんにとっては
周知のことばかりですが、
「知らない」人にとってはショックなこともあるかもしれません。
でも、「知らない」という見せかけの幸せは、
知っている人たちの涙の上に成り立っていることもあります。
もの言わぬ動物達の犠牲の上に築かれていることもあります。

人間が変わらないと、何も変わらないので
たくさんの人たちの意識が、少しずつ確実に変わってほしいと思います。

午前の部で見ましたが満員状態で(午後も満員だったそう)
監督さんもこんなに来てくれるとは…と驚いていました。
そのまま残って午後の回を見てもいいようでしたし
夕方には監督さんを囲んだ懇親会の予定もあるといってました。
(集まっている猫好きさんたちの多くはボラさんだと思うので
猫のお世話で帰る人もいるでしょうから、最終的な人数はどうなったか…)

まだ上映予定は具体的に決まってないようですが
youtubeや当該サイトをたくさんの人が見て、
ヒット数が増えて話題になったり、上映のチャンスも増えてほしいと思います。
数の力は大きいので、エキスパートのボラさんたち以外の
ふつーの猫好きや普段関係ない人たちの認知度が上がってほしいな~。

時間のある人は、クリックして見てね~!



白サバの美猫のたまちゃん☆大阪より里親様募集中
白黒猫ピノくん&三毛猫ルナちゃん☆関西より里親様募集中

テーマ: 里親探し
ジャンル: ペット

コメント

現実を耳で知っていても、また映像として
知っていても、見たくない「現実」ですよね。
機会があれば見たいような、見たくないような・・・です。

taketsumaさま

taketsumaさんはその辛さをご存知ですものね。
猫のことでもいじめでも差別でも何でもそうですが
一番怖いのは見ないふりだと思ってます。
事実を葬ってしまうことは、当事者にとって一番辛いことだと思います。

本当はこういうことを訴えていくことが一番大事なことよね。
(ネット上では触れませんが)、私はお隣さんと協力して
地域猫のお手伝いをしているのですが、最近も近所の猫嫌いの人が
猫たちに毒をもる事件があって、ちょっと凹んでいます。
これまでゴハンをやっていた数匹の猫たちが殺されました。。。
猫嫌いの人って猫の立場に立つということができないので泣かされます。
そんな人には特に見てもらいたいわね。。。
ぶぅ~

ライムさま

そんな哀しいことがあるとやり切れませんね……。
気に入らない、邪魔だから命を奪うという発想は人間くらいです。
ライムさんのように、人知れず猫の為に努力している方たち
みなさんの思いが報われるよう本当に願っています。
学校や地域での上映も実現してほしいです。
生き物を大切にすることは、頭の軟らかいうちからやらないと…。
(監督さんは、学校でも見れるような
30分程度の短縮版も作ろうかな…といってました)

 
この予告編だけで泣いてしまう私は劇場ではみれません~(T▽T)
年取ると涙腺が緩くなるって、ホントだなぁ。
ライムさんがとても辛い思いをされたようですが
そういう人達にこそ、見てほしいですね。
地球は人間だけのものじゃないのに…。
 

こたつははさま

機会があったら、目をつぶって耳をふさいでもいいので
足を運んでほしいです~。え。。。( ̄∇ ̄;)
私財を投じてくれたおばあちゃんの想い、月日を重ねて撮った監督の想い、
協力してくださった獣医さんたち、ボランティアさんたち、
命を落としていった動物達のためにも
見てくれる人=需要がないと、
素晴らしい映画が日の目を見る機会がなくなってしまいます~。
みんな泣いているので大丈夫です。(なにが)
残念ながら、ライムさんのようなエピソードは決して珍しいことではなく
現場のボランティアさんたちは悲惨な状況の中で日々頑張ってます。
だからこそ、上映のチャンス、見る人が増えるよう切に願います。

動物問題、重々承知して日々考えさせられている人に、より多くの情報が入り、知って考えるべき人には届かないんですよね。

私も映画館が好きでないです。
なんせトイレが近くて一度以上は退席するので
端の席でなければ、気が散ってダメなんです。

にんにさん、フェミニズムやジェンダー関連、私も少し興味があります。
他の人の考えはあまり知らないのですが、
日々とても暮しにくく感じていて、
又その内容が結構神経質な方だと思っています。

もう男尊女卑に気がつき出すと全て、数珠つなぎにでてきます。
日本を出れる程語学力があるといいんだけど。。。

puppuさま

私はフェミには気がついたら関わっていたというか
行き着くところがフェミニズムだったという感じですが
当時、まさに生きにくさに日々悩んでいて、気になるセミナーや
ワークショップに足を運んで、自分自身の抱える問題と向き合ってました。
ずいぶん長く試行錯誤してましたが、今はなぜ自分がこうなのか
それがわかったのでその点ではもう悩みはありません。
(生きやすくはなってないのですが…)
世の中にはフェミやジェンダーとは無関係に生きている人がたくさんいるのに
なぜ自分は気になったりこだわったりするのか、
長い月日を経ていろいろわかりました。
自分をごまかさずに深く向き合うのは辛いことも多いのですが
私の場合はそれをやらずにはすまなかったのでしょうがないですね。
西洋式の学問(心理学とか)をそのまま日本人に当てはめても
勘の鋭い人なら、何かしっくり来ないのに気づきます。
日本を出るのはすばらしい体験の一つにはなると思いますが
それで本質に気づくかといえば…その人次第でしょうか。
海外に行って、悪い意味でかぶれちゃっただけの人もいますよね。
原点から逃げるより、原点に迫る方が私は意味があると思ってました。
何をするにも時期というものがあるので
同じ話を聞いても、理解できるタイミング、
受け入れられるタイミングが異なると思います。
必要なものは、ずっと探していれば必ず手元にやってきます。
だからきっと、puppuさんも大丈夫。(…って何が?)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。