プロフィール

にんに

Author:にんに


◎キジトラ白のネネ
推定誕生日06.07.07
07.03.03にお見合いし
07.03.17に私の元に来ました
ネネ

◎キジトラのちぃちゃん
推定誕生日07.11.11
08.07.28にお預かりし
08.11.11にうちの子宣言
ちぃ

Twitter
☆twilog☆
☆猫用アイテム☆

★猫本★
猫にかまけて
猫のあしあと
猫とあほんだら
犬と猫と人間と
猫語の教科書
幸せな猫の育て方
くるねこ
てづくり猫ごはん
ナチュラル派のためのネコに手づくりごはん
かんたん!手づくり猫ごはん
★猫用品★
★猫口ケア ティースブラシ
★ライオンEXワンタフト歯ブラシS
★ビルバック猫用歯磨き:シーフード
★バイオティーンデンタルジェル犬猫
★猫砂 パインウッド
★シェッドバスター
★ラバーブラシ
★キャットタワームーン
★イノーバ全猫用
★カリフォルニアナチュラル 魚&芋
★カリフォルニアナチュラル ベニソン
★カリフォルニアナチュラル フィッシュ
★ソリッドゴールド ツナ缶
★ナチュバラ ツナ&シュリンプ24缶
★ナチュラルバランス サーモン24缶
★消化酵素
★L-メチオニン
★ph試験紙
★除菌・消臭:プリジア400ml

リンク
リスト

最新コメント
最新トラックバック
☆おうちが見つかりました☆
■ホームレスキャットよりお預かり
詳細は→こちら

ひめちゃん♀
お預かり071031-1123
ひめちゃん
みどりちゃん♀
お預かり080131-0517
◎みどりちゃんブログ◎
みどりちゃん
くぉんちゃん♀
お預かり090307-0705
くぉんちゃん
■歌舞伎町の猫よりお預かり
ラッキーくん&マミィちゃん
お預かり090930-1031
ラッキー&マミィ
たっくん(まろさん)♂
保護100920-1107
たっくん
猫のためのお店
●Kitchen Cat●
フードとサプリのお店
(ハーフチャリティショップ)
キッチンキャット
●怪盗またたび団●
猫の手作りバンダナのお店
猫の手作りバンダナのお店:怪盗またたび団
猫の里親募集

SOS里親募集 ホームレスキャット
SOS里親募集 A.P.L KOBE
里親募集 岡山動物愛護会
里親募集 haiji
CATNAP 小さな命を救うネットワーク
東京キャットガーディアン
犬猫ホットライン
犬猫救済の輪
大阪よりちぃちゃん☆里親様募集中
動物を捨てないで!遺棄は犯罪です
how could you どうしてなの?
Pet Shop Puppy エンジェルの願い
NO FUR

カタカナの墓碑-Epitaph in Katakana
動物虐待への対策強化を求める嘆願
いつでも里親募集中
にいがたカレッジキャット:猫の里親様・カンパ募集中

ブックマーク

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
RSSフィード
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経過

SOS世田谷猫虐待 犬と猫と人間と

昨日は病院で薬を飲んでいる経過観察をしてきました。
ちぃちゃんのかさぶた周辺の皮膚は、いい感じに治ってきているようで
このまま赤みが引いて、なめらかな皮膚になりそうなら
今回は手術しなくていいかも?な状態のようです。
また木曜日に見てもらって、本当に手術するか決定します。
ダメそうならそのまま夜預けて、金曜日に手術の予定。

今飲んでいる薬は抗ヒスタミンなので
ステロイドも抗生剤も使わずに、状態がいいならまずまずかな?…と。
ちぃちゃんはALT(肝臓)の数値が高いのも、
アレルギー反応や炎症など、起こしやすい体質で
何かそういう反応と関係しているかもとのこと。

ただ、抗ヒスタミンの薬を飲んでも
歯の炎症には効かないそうです。残念ねー。

オブラート包みのお薬は、かつお節でご機嫌をとって
ストレス最小限で飲んでもらってます。
かつお節は、体のためには良くないので匂いをかがせたり、
(いい匂いでイヤイヤの気をそらす)
薬を吐き出してリトライするときに
ひとひら、ふたひらオブラートにくっつけて飲み込ませたり、
薬を飲んだ後にちょっぴり舐めさせたり。
投薬率100%目指して頑張ってます。

手術しないで済むといいね。

左が最初にもらった薬袋、右が2回目にもらったもの
中身は同じです
H1ブロッカーは抗ヒスタミン剤でH2ブロッカーは制酸剤って
そこら辺からしてイマイチよく分かんないんだけど
ググってみて、やっぱりよく分かりません^^;
20121020210041.jpg 20121020210055.jpg

毛を刈って確認した痕(ピンクっぽいのが引く方がいい)
20121020190340.jpg

毛が伸びると次に分からなくなるので、それもあって刈ってます
20121020190450.jpg

日向ぼっこちぃちゃん
20121021102200.jpg

舌チロのネネ
ごはんの後なので、鼻の頭とあごの下がカボチャの色で黄色いです
20121021083258.jpg

二人でお日様にあたってます
20121021084327.jpg

このために引っ越したようなものだから嬉しい
20121021084321.jpg

昨日の朝、ベッドの上に集まるキジっ子たち
20121020064148.jpg

ちぃちゃん、ぬくぬくしてめっちゃグルグルいってごぎげんでした
20121020064156.jpg 20121020064120.jpg

ネネ、眠そう…私が起きるまで(ごはんになるまで)張り付いてました
20121020064130.jpg 20121020064137.jpg

甘えにくるちぃちゃんと、お尻をクンカクンカするネネ
20121020064254.jpg 20121020064257.jpg

手のひらに吸い付くちぃちゃんの頭、どあっぷ~~
20121020064302.jpg 20121020064306.jpg

............................

最近の写真:ついっぷるフォト
http://p.twipple.jp/user/crosswhen

過去の動画:youtube
http://www.youtube.com/user/ninnycrosswhen

みんなに良いご縁がありますように!

【京都発:通路猫たちの里親様・預かり様募集中】 
超・多忙のrambyさんが、出会ってしまった6猫たちを保護し
預かり様と里親様を探すため頑張っています。
応援よろしくお願いします。ブログは→こちら
京都より通路猫たちの里親様募集中!

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村
crosswhenをフォローしましょう

テーマ: 猫のいる生活
ジャンル: ペット

コメント

ずっと読んでいます

とても気になっていたんですが、おばちゃんを看取ったりで書き込めずにいました。

ちぃちゃんはまだ若く腎臓も悪くないんですよね。
万が一の事があっても乗り切れると信じてはいますが、

腫瘍が良性であろうが全身麻酔は、
一週間あまり点滴をつけて薬を流しだす人間の場合と比べまだまだ動物の医療は術後のケアが不完全であると思います。
特にもう故障のある子の場合は明らかに寿命を縮め,
生活の質を縮めると。

手術しないで済むと良いですね。

にんにさんのことだからもうご存知かもしれませんが
私の知っている事を書いてみます。

やはりうちも、すぐ切ってよく調べてと強く言われまして、断固食い下がって、
まあ、傷口が赤くぐずぐずしていないなら。。。
と言う感じで経過を見ています。
今はキズはなくなっていますが小さなしこりはあります。

見た目きれいに完治しても、細胞は依然として存在するので
注意は必要だし薬は飲まなくてはいけないそうで
内蔵に転移したら事だと言う事もいわれています。

とても再発の多い腫瘍のようですが、
病院とウェブ上のデーターに無いケースがあります。
それは、
気づかずに寿命を全うしたケースです。

皆さんの腫瘍発見の発端は、
「なにげなくついでに診てもらったら。。。でパニック!」
というのが大変多かったように思えました。

あと、ガンは切ると暴れると思うのです。

調べて安心はしたいけど、色々考えましてプ−ちゃんの場合は手術はしないことにしたのですが、、、

また再発しなくても、悪性だった場合は再手術も十分あるとも言われました。
ウチも大きさはちぃちゃんと同じくらいです。

赤みがひくと良いですね。

うちの場合は即ステロイドも飲んでいます。
夫が膠原病で、ステロイドを使って症状が落ち着いた経緯もあり、
ステロイドの怖さとやめるのの大変さはよく知っているのと、
いくら副作用が出にくいとはいえ動物に多量に使い過ぎなのでは?
と言う疑問もあるのですが、
確かに効いているようです。
これも今は少しずつ減らしているのですが。。。。

けど、手術よりはましな気がします。
もしちぃちゃん、手術になってしまいそうでしたら、
ステロイドも試されてはいかがでしょうか?
効果のほどはすぐにわかるともいますので。


投薬の方はどうですか?

ストレスから来る体調の悪化をかんがえますと
私個人は
多少寿命が縮んでも美味しく楽しくが基本だと思うのですが、
その辺は色々考え方があるし猫個体にもよると思います。とはいえ
食欲が無くなった場合を考えたらやっぱり正攻法で飲める様にしておいた方が良いですよね。

今パップマンにも投薬していまして、くるんだりのごまかしが一切ききません。
私もパップマンも頑張って口をこじあけていますが、トホホのホでなさけないです。

何かいい方法を編み出したら教えてください


あ、あとレーザーで麻酔無しでチャチャッと切ってもらったと言うのも出ていました。

一件だけ、悪性だったら切ってもドンドン増えるし
良性だったら、切る必要ないので
肥満細胞腫の手術はしないと言い切っている獣医さんもいました。

ご心配なのにながながと失礼しました。


puppuさま 

ありがとうございます。
おばちゃん、そうなのですね。
ののちゃんのところでコメントを読んで心配しておりました。
猫…だけではないですが、
体調の変化は長い時間を経た上で出ると思うので、
puppuさんの元にいられて良かったと思っています。
いろいろ考えてしまうと思うのですが、
puppuさんはできることはされたと思っています。

手術や麻酔については、私も同じ考えです。
ジュルちゃんの時にも考えました。
手術そのものが成功しても、
予後の体調の悪化はまた別問題だと思っています。
私も手術は嫌ですね。今夜決まりますが…。

猫にしてみたら、痛くも痒くもないのに、
切られて嫌ですよね。
可能性にかけて高度医療で弄くりまわすより、
自然な寿命にまかせる方がいい気がします。
大事なのはQOLですよね。

ステロイドは一度使うと、次に何かあったときに効かないから、
という理由で今回は抗ヒスタミン薬を出されたようです。
うちの母も膠原病(ギリギリの数値)なのですが、
ステロイドは上手に使うことが大事ですよね。
レーザーは私も気になります。麻酔して…より良さそうで。
でも多分、大きな病院に行かないとですよね。
通院のストレスがまた気になりますが。
とにかく猫にとって、病院通いはそれだけで
多大なストレスがかかっていると思い、悩みどころです。
薬も鰹節を使ってだましだましやってますが、
投薬が長引くならならいつまでも使いたくないですし悩ましいです…。

手術、したくないな~と、本当に思います。
ありがとうございます。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。