プロフィール

にんに

Author:にんに


◎キジトラ白のネネ
推定誕生日06.07.07
07.03.03にお見合いし
07.03.17に私の元に来ました
ネネ

◎キジトラのちぃちゃん
推定誕生日07.11.11
08.07.28にお預かりし
08.11.11にうちの子宣言
ちぃ

Twitter
☆twilog☆
☆猫用アイテム☆

★猫本★
猫にかまけて
猫のあしあと
猫とあほんだら
犬と猫と人間と
猫語の教科書
幸せな猫の育て方
くるねこ
てづくり猫ごはん
ナチュラル派のためのネコに手づくりごはん
かんたん!手づくり猫ごはん
★猫用品★
★猫口ケア ティースブラシ
★ライオンEXワンタフト歯ブラシS
★ビルバック猫用歯磨き:シーフード
★バイオティーンデンタルジェル犬猫
★猫砂 パインウッド
★シェッドバスター
★ラバーブラシ
★キャットタワームーン
★イノーバ全猫用
★カリフォルニアナチュラル 魚&芋
★カリフォルニアナチュラル ベニソン
★カリフォルニアナチュラル フィッシュ
★ソリッドゴールド ツナ缶
★ナチュバラ ツナ&シュリンプ24缶
★ナチュラルバランス サーモン24缶
★消化酵素
★L-メチオニン
★ph試験紙
★除菌・消臭:プリジア400ml

リンク
リスト

最新コメント
最新トラックバック
☆おうちが見つかりました☆
■ホームレスキャットよりお預かり
詳細は→こちら

ひめちゃん♀
お預かり071031-1123
ひめちゃん
みどりちゃん♀
お預かり080131-0517
◎みどりちゃんブログ◎
みどりちゃん
くぉんちゃん♀
お預かり090307-0705
くぉんちゃん
■歌舞伎町の猫よりお預かり
ラッキーくん&マミィちゃん
お預かり090930-1031
ラッキー&マミィ
たっくん(まろさん)♂
保護100920-1107
たっくん
猫のためのお店
●Kitchen Cat●
フードとサプリのお店
(ハーフチャリティショップ)
キッチンキャット
●怪盗またたび団●
猫の手作りバンダナのお店
猫の手作りバンダナのお店:怪盗またたび団
猫の里親募集

SOS里親募集 ホームレスキャット
SOS里親募集 A.P.L KOBE
里親募集 岡山動物愛護会
里親募集 haiji
CATNAP 小さな命を救うネットワーク
東京キャットガーディアン
犬猫ホットライン
犬猫救済の輪
大阪よりちぃちゃん☆里親様募集中
動物を捨てないで!遺棄は犯罪です
how could you どうしてなの?
Pet Shop Puppy エンジェルの願い
NO FUR

カタカナの墓碑-Epitaph in Katakana
動物虐待への対策強化を求める嘆願
いつでも里親募集中
にいがたカレッジキャット:猫の里親様・カンパ募集中

ブックマーク

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
RSSフィード
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大事な手触り

SOS世田谷猫虐待 犬と猫と人間と

うっしー里親募集中

今日は09年12月にも行った、自然療法セミナーに行ってきました。
インフルエンザその他で予定人数が減ったため、なんと無料。
えええーーーーいいんですか。
せんべいボリボリ食べたりしてお話を聞いてきました。
(食べたのは休憩中です)

今回は

「自然療法の可能性:慢性疾患、
老齢の動物が高いQOLを保ったまま生きていくには、
飼い主は何をしたらよいのか?」

というテーマでした。

ドイツの動物病院事情も面白かった。
入院の設備も日本みたいにちっこいケージじゃ全然許可が出ないようです。

西洋の薬が効きにくい老齢疾患、難病、慢性疾患などは
ホメオパシーが向いているというか、用いたり併用したりするそうです。
日本ではスピリチュアルで怪しい匂いがする自然療法その周辺…
ですが、ドイツではもっと科学的で認知度が高いそう。

印象的だったのは

・元気で食欲もある状態で、血液検査の数値が悪いからといって
数値を下げることを目的として治療しない
西洋の薬ではなく、免疫を上げるためにホメオパシーを使う

・現代の科学的な治療を選ぶことで、病気そのものは治ったが
治療を受けた動物は死んでしまった、ということもある
…名前は書かないけど可愛いあの子を思い出しました…(T_T)
(薬はもちろん、動物にとって治療そのものの負担が大きい
「攻撃的治療方法」という表現があって目から鱗…
なるほど科学的な治療は攻撃でもありますね)

何を選択すればいいかは、なかなか難しいですね。
自然療法を選んで、もっと何か効果のある化学的な治療法があるかも…
と思ってしまったり、科学的に治療したらしたで、
無理して苦しめてしまったかも…と考えたり。

QOLを保って、少しでも穏やかに過ごせることが大事だと思います。

FIPのお話も少し出てきました。
ちぃちゃんのFIP疑惑の時は、この子をいじくり回したら
それこそストレスで死んでしまうのではないかと感じて隔離もせず、
インターフェロンもステロイドも私は選びませんでした。
(栄養剤と水分補給の注射はしましたが…
抗生物質の錠剤は吐き出してほとんど無駄になったし…)

本当に運よく回復してくれたので、こんなことを書けるんだと思いますが
いざとなったら何を選ぶかは難しいと思います。

私ならFIPの治療法は残念ながら今はない…という状態なので
あれこれ治療攻めにするより、残りの時間を穏やかにしてあげること、
コロナのキャリア状態なら、
清潔を保ち栄養をつけられるように健康管理すること…を選ぶかな。

うちのかかりつけの先生も、セカンドオピニオンの先生も言ってましたが
クレス先生も同じで、インターフェロンなど、
期待するほど効果があるとはいえないそうです。
もちろん負担もある。

闘っている全ての猫たちのために
早く有効な治療法が見つかることを祈ります。

可愛いちぃち、よく元気になってくれたね、ありがとう
PB114092.jpg

自分の犬猫を良く見ている飼い主さんは
数値に出るよりもっと前に、いつもと何かが違うと気づくそうです。
(手触り、毛艶、匂い、食べるスピード、遊びの乗り方などなど)

うんうん、そうだよね。
私のブログなんか見てくれている人は、たいていそういう人たちです。
観察力というアンテナがビミョウなところに引っかかる。
私もそうありたい。

ごはんを食べているところも見てなくちゃ。
ただ出して片付けるだけじゃ、おいしそうに食べてるのか
食べづらそうにしてたか見逃しちゃうもんね。

実は、最近ネネの毛触りが違うので気になってました。
でも前も何度かあった。
ネネの毛はいつもはツルツルしてるのにゴワゴワになって、
しばらくしたらツルツルに戻った。
まるで脱皮みたい。
(ちぃちゃんはいつもゴワゴワだけど…)

たぶん、冬の乾燥と換毛期の関係があると思う。
毛の長さとか密度が違う感じだから。
毎年、立春のころの春の陽射しになってくると変わる。
ネネのキューティクルはいつもツヤツヤです。

だが要観察。

いつもゴキゲンで過ごせるのがいいね
PB114088.jpg

みんなに良いご縁がありますように!

【白黒猫♂うっしー☆関西より里親様募集中】
ちょっとシャイな感じがかなり可愛い♪
うっしーの本当のおうちを探しています!
様子はこちらでご覧になれます→こちら
関西より白黒猫うっしー☆里親様募集中!
きっと甘えっこになると思う~☆

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村
crosswhenをフォローしましょう

テーマ: 猫のいる生活
ジャンル: ペット

コメント

ありがとねー
里親様にこの記事読んでもらいたいと思います。
自分ならどういう選択をするか?
と考えてもらえたらと思います。

これを読んで、私自身はどちらかというと
「攻撃的治療」を好むなぁーと思いました(^^;)
「攻撃度」と「効果」の割合にも寄るけど、結構お薬大好き人間です。

taketsumaさま

強い薬で肉体的にも精神的にも参っている人を見ているので
もう治らないと分かった状態で薬漬けにする(攻撃的治療をする)
のは選択が難しいですね…。
穏やかに残り1週間を過ごして送ってあげるのと
薬その他で無理矢理1ヵ月生かすのとどちらがいいのか…。
人間は自分で選択できるので納得の上ですが
動物は飼い主の選択なのでそれがまた悩ましいですね。
性格によっては通院自体が多大なストレスでもあるし
何もやらないのは後悔が残るし、本当に悩ましいです。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。